六甲法占星術

六甲法占星術
これは、古代中国から口伝で伝わってきたという万象学の十八代宗家であられる福武寛先生が、今から25年前、1990年に特別に書いてくださった貴重な本です。

この『六甲法占星術』を長年研究させていただいています。そして個人鑑定を依頼される皆さんのために役立てています。

あまり知られていない占星術ですが、中国で生まれ、東洋の自然観を源流とする万象学というものです。

西洋占星術もすばらしいものがありますが、『六甲法占星術』は、そのあまりの的中率の高さから、研究者は続々と増えているようです。



『六甲法占星術』では、人間も自然界の一部であるという考え方から6つのタイプに分類し、それぞれの性格や適職、恋愛の傾向を見ていきます。


6つのタイプは方向で表されます。

太陽が昇る方向が東、沈む方向が西。

太陽の一番高く昇る方向が南。

その正反対が北。

そして東西、南北のそれぞれの交わる中心に世の中があり、中心である世の中には天・地が存在すると考えます。



「東甲命」


日の出の方向、1日の始まり。

初代運。

つまりまだ誰もやっていないことを始める宿命があると考えられます。

東の人がトップにたったら、その集団はガラっと変ります。

倒産間近だと思われていた会社に「東」の人が入って、仕事のやり方を全く変えた結果、会社が持ち直してよくなった・・ということも少なくありません。



「西甲命」


その逆で末代、まとめる宿命。

この人が出てくると問題の解決は間近だといえます。

物事をまとめることが得意です。

会議でみんなの話をまとめたりするのはお手のもの。

自分の意見を主張するよりは、みんなの意見を上手に調整してバランスを取ります。

ふだんは物静かですが、分析力はズバ抜けています。



「南甲命」


太陽の気が最強になる場所。

太陽の下、明るく遊ぶ子供のイメージ。

子供だから嬉しい時、頭にきた時はそのまま顔に出ることが多く、わかりやすいです。

行動に理由はありません。

ぱっと見て気持ちが良い、とかきれいとか、そういったことが行動の決めてになります。

集中力があり物事の核心を直感的に見抜くことができます。

集団行動は苦手でフリーのしごとの方が力を発揮できます。



「北甲命」


北の特徴で、夜の質をもちます。

暗いので、物を見つけるのに時間がかかります。

つまり時間をかけて緻密に行動する人だといえます。

1つのことをじっくりやることが得意で最後までやりぬくので、仕事では信頼されることも多いです。

早くやるよう急かされたり、一度にいくつもの事をやるのは苦手なようです。

専門職向きです。



「天甲命」


現実的な強い行動力を持ちます。

明るいムードメーカー的な存在。

あまり深刻に落ち込むことは少なく、立ち直りが早いのも「天」に位置するおかげでしょうか。

じっとしているのは苦手で、絶えず動いている方が性にあっています。

責任をとらなければならないトップよりも補佐で力を発揮するタイプです。



「地甲命」


どちらかというとプライドの宿命。

中央の気を受け、現実的な平衡感覚に優れています。

いつも「中心人物」でいたい人で、自然に人が集まってくる人でもあります。

リーダーシップを取るのが得意で経営者にも向いています。

人から頼られるとサービス精神を発揮しますが、なんでも把握していたいところがあり、報告がなかったり、自分だけ情報を知らされないことを嫌います。



六甲と性格


以上のように6つの方向に分類されるのですが、これが本当にその人の性格などを言い表していることが多く、皆さんびっくりされます。

ご自分のことを知ることは、対人関係や仕事に有利になるのはもちろんですが、恋人やご主人(奥様)子供さんの六甲がわかると「なんだ〜そうだったのね!」と納得できることも多く、安心されスッキリされるようです。

たとえば東甲命のご主人を持つ奥様からは、「仕事ばかりで、ちっとも私の話を聞いてくれない」という話を聞きます。

初代運の彼は、とにかく会社内でなにか新しいことを立ち上げる時はリーダーに抜擢され忙しくなります。

でも「大事な家族を守りたい」という気持ちが実は一番強いんです。

仕事で忙しい時に細かな質問には答えてくれなくても、奥様がどんなことを考えて悩んでいるかはちゃんとわかっています。

自分が出ていかなければならない時は出ていくし、どんな時でも奥様の味方でいることは当然だと思っています。

また「地甲命」の彼を持つ女性からは「なかなか結婚を決めてくれない」という話を聞くことがあります。

「地甲命」はプライドの星ですので、とにかく仕事である程度の結果を出してから(それが彼の自信になります)プロポーズしたいという気持ちがあります。

真剣におつきあいしている場合は、結婚する気持ちはあるとみていいと思います。

「北甲命」の子供を持つお母さんからは「うちの子に<早くしなさい>って言ってもいつまでも支度が終わらなくていつも怒っちゃうんです」という話を聞きます。

北の性格は時間をかけて緻密に行動する人です。

もともとのペースがじっくりゆっくりやることですので、お母さんの都合で急かされてもそのとおりには行動できず、ストレスが溜まったりかんしゃくを起こしたりします。

余裕を持って動くことでお母さんも子供も気分よく動けますね。

相手の性格、考え方がわかると相手を許せたり愛おしく思うことができます。